amiibo全種類購入するといくらかかる?価格を計算してみた

2014年12月に「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」として18体が一挙にデビューを果たしたamiibo。

その後「スーパーマリオシリーズ」や「スプラトゥーンシリーズ」など続々と人気キャラクター達がamiibo化され、2019年2月現在、日本国内ではトータル165種のamiiboがリリースされている(amiiboカード及びスプラトゥーン甲子園優勝賞品のamiiboは含まない)。

そんな訳で165種全てをコンプリートするにはどのくらいの費用がかかったのか計算してみた。

尚、価格は「メーカー希望小売価格(税抜き)」の表記としているので、現在はこの価格で購入できないものが多数ある。

スポンサーリンク

シリーズごとのamiibo

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

amiiboと言えばこの「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」。

このシリーズをコンプすればamiiboコレクターを名乗れるぐらいの大所帯。2月15日には3体追加された。

1,200円×61体=73,200円
1,500円×6体=9,000円

計67体 82,200円

1,500円の6体とは、スマブラSPリリース以降に発売された「リドリー」「インクリング」「ウルフ」「パックンフラワー」「キングクルール」「アイスクライマー」。

パッケージも変更になっており、日本語と英語の両方が表記されるようになった。

年々クオリティがアップしているamiibo達。今回の3体も期待を裏切らない出来だった・・・。

スーパーマリオシリーズ

「テレサ」は蓄光になっており、暗闇で光る。

海外で展開されていた「マリオ(シルバーエディション)」は日本では未だ発売されていない。

1,200円×19体=22,800円

計19体 22,800円

スプラトゥーンシリーズ

日本で2体のセット売りがあるのはこのスプラトゥーンシリーズの「シオカラーズ」「テンタクルズ」のみ。

1,200円×16体=19,200円

計16体 19,200円

2015年5月にamiiboでは初の3体同梱パッケージがリリースされた。

この初代ガール/イカ/ボーイの3体が同梱されたトリプルセットは3,000円(税別)というお買い得価格だったが、単品販売の3体も品薄状態に陥ったため、限定品であるトリプルセットの高騰に拍車がかかり一時は7倍ほどの価格で取引されていた。

ヨッシーウールワールドシリーズ

毛糸で編まれたタイプのamiibo。

ビッグヨッシーは自立できない為、支え用の厚紙が同梱されていた。

1,800円×4体=7,200円
4,000円×1体=4,000円

計5体 11,200円

写真には載せていないが「ポチ」のamiiboも編みぐるみタイプ。

現在は品薄で10,000円以上の価格がついているところもあるが、今年3月リリースのSwitchソフト「ヨッシークラフトワールド」で「ポチ」を使用すると、特別なデザインの「きせかえ工作」がもらえるので、再販の可能性があるかも。

どうぶつの森シリーズ

新品でも1コイン(100円)で投げ売りされていたことがあるくらい価格が下落したシリーズ。(要因は色々考えられるがここでは割愛)

amiiboの出来栄えはとても良い。3dsの「とび森」でキャラ特有のアイテムが大量に入手できる等、嬉しい効果もたくさんある。

1,200円×16=19,200円

計16体 19,200円

後に販売されたどうぶつの森amiiboカード(特にサンリオコラボ・全6種)は現在超入手困難品で元値が1枚当たり150円(×6種=900円)程度にもかかわらず、6種コンプセットで30,000円程の価格で取引されていたりする…。

ちびロボ!シリーズ

ちびロボ!は全編通して共通するキャラクターがほとんどいない(トンピーくらいか?)ので、amiiboも「ちびロボ」1体のみ。

計1体 1,200円

SUPER MARIO BROS.30THシリーズ

WiiUソフト「スーパーマリオメーカー」と同タイミングでリリース。

1,200円×2体=2,400円

計2体 2,400円

ゼルダの伝説シリーズ

フィギュア型amiiboでは初の1,500円の価格を付けた「ウルフリンク」が登場。

「ブレスオブザワイルド」では「マイニンテンドーストア」にて4英傑がセットになったamiiboが販売されていた。

1,200円×7体=8,400円
1,500円×9体=13,500円
2,500円×1体=2,500円

計17体 24,400円

2,500円は「ガーディアン」。1,500円はガーディアンを除いた「ブレスオブザワイルド」関連のamiiboと「ウルフリンク」。

星のカービィシリーズ

「ワドルディ」以外の3体はスマブラシリーズにも存在し、効果も互換性がある。

1,200円×4体=4,800円

計4体 4,800円

ショベルナイトシリーズ

日本ではライセンスamiiboではなく、任天堂からの販売になる。

計1体 1,500円

海外ではプレイグナイト、スペクターナイト、キングナイトのトリプルパッケージの販売が予定されている。

モンスターハンターストーリーズシリーズ

日本では初のライセンスamiibo。

ナビルーを除いて、キャラクターのおしり部分に突起がついていて、モンスターに乗せ換えが出来るようになっている。

1,200円×1体=1,200円
1,800円×5体=9,000円

計6体 10,200円

ナビルーのみ1,200円。

「とびだせどうぶつの森」でamiibo限定アイテムが入手できるサプライズ効果があった為「とび森」プレイヤーも多数購入した。

2016年11月に大型アップデートが行われた「とびだせどうぶつの森」。モンスターハンターシリーズのamiiboを読み込ませることで、特別な家具が入手できるように。ここでは対応amiiboの全画像と、入手できるアイテム全画像を紹介していきたいと思います。

ハコボーイ!シリーズ

今現在超品薄のamiiboで当然のごとく、価格も高騰している。

計1体 1,200円

「さよなら!ハコボーイ!」というソフトと同時に発売された。「さよなら!」ということは再販も絶望的に感じたが、4月にSwitchで「ハコボーイ!&ハコガール!」のリリースが決定したので再販orニューモデルでのamiibo販売があるかも。

「ハコボーイ!」シリーズも「さよなら!」ってことで今作で終了?そんな訳で限定の「ハコづめBOX」購入してみました。賽の目切りの豆腐みたいな「キュービィ」のamiiboと、オリジナルサントラ「ハコボーイ!音楽全集」付き。「さよなら!ハコボーイ!」ではカービィシリーズのamiiboも早速読み込ませてみました。

ファイアーエムブレムシリーズ

ファイアーエムブレム関連のamiiboは多数存在するが、そのほとんどは「スマブラシリーズ」から出ている。

その為「ファイアーエムブレムシリーズ」としては意外なことに4体しかamiiboが存在しない。

1,200円×4体=4,800円

計4体 4,800円

「風花雪月」リリースのタイミングでまた何体か投入される(期待)だろうから、楽しみに待っておこう。

ピクミンシリーズ

こちらも一体のみのシリーズ。スマブラシリーズにも「ピクミン&オリマーamiibo」がある。

計1体 1,200円

ちびロボ同様人気のあるゲームなのでもう少し種類が増えると嬉しい。

メトロイドシリーズ

先日の「メトプラ4」リリース延期のニュースには驚かされた。

メトロイドamiiboは質感が面白いので出来れば実物をさわって頂きたいamiibo。

1,500円×2体=3,000円

計2体 3,000円

ポケモンシリーズ

これは超巨大サイズのamiibo。

計1体 2,980円

5月には映画「名探偵ピカチュウ」が公開されるが、すでに続編も制作中とか。

一応見に行く予定でいる(怖いもの見たさ)。

世界中のクリエイターの作品は圧巻の出来で、思わず見入ってしまうものばかり。色んな国の人の作品があって日本人の感覚とはまたちょっと違うイメージのピカチュウが見ていて飽きない。

ロックマンシリーズ

こちらもライセンスamiibo。

非売品のゴールドバージョンも存在する。

計1体 1,400円

「スマブラシリーズ」にもロックマンamiiboが存在する。

DARK SOULSシリーズ

こちらもライセンスamiibo。

国内でライセンスamiiboは「CAPCOM」さんの「モンハンシリーズ」と「ロックマンシリーズ」のみだったが、ついに「FROM SOFTWARE」さんからも「ソラール」氏が。

人気のamiibo。「マイニンテンドーストア」のみ長いこと定価で購入できたが、その他は品切れかプレミア価格になっていた。

計1体 1,600円

まとめ

ということで、2019年2月現在リリースされているamiiboは計165種

価格はトータル215,280円(税別)となった。

いまから全種揃えるとなると、この価格で入手することはほぼ不可能だが、amiiboは何かのタイミングで再販されることも多い。

ワン蔵は全て2体以上購入&トリプルセットとかのパッケージ違いも全て購入&海外限定品も気が向けば購入してるのでこの2.5倍くらいは余裕で使ってるだろうな。

あらためて見ると結構衝撃だな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする