ARMS「いいね持ち」安定には「Joy-Con拡張バッテリー」を

さて、昨日(17/6/16)はとうとうSwitchソフト、「ARMS」の発売ってことで一緒に頼んでおいたコントローラーやもろもろの周辺機器が届きました。そんな訳で届いたものを「ARMS」に絡めてご紹介~。

配達時に不在だったのでソフトはポスト投函されてたけど、他のものは再配達依頼して夜に持ってきてもらいやしたー。

スポンサーリンク

Joy-Con (L)/(R) ネオンイエロー

「ARMS」と同日発売のNewカラー。SWITCHは本体がスタイリッシュなブラック系なのでJoy-Conにインパクトのあるビビッドなカラーをもってくるのが定番になってる。

まぁ本体がダークカラーなので何色を合わせても基本はいい感じになる。

Joy-Con (L) グレー

Joy-Conで唯一、落ち着きのあるカラーといってもいい、「グレー」。カラフルなのが嫌だって人は「グレー」一択だよな。歩きSWITCHしてた人もJoy-Conは「グレー」だった。

まだまだ外で遊んでる人は中々見かけないけど持ち歩きするには悪目立ちしなくていいかも。

Joy-Con ストラップ ネオンイエロー・グレー

Joy-Con付属のストラップは全て「ブラック」なので、色付きがいい人はマイニンテンドーストアのカスタマイズ、もしくは単品を購入ということになる。

ってな訳でストラップも各1ずつだけど購入。一番右はJoy-Conにもれなく同梱されてくる「ブラック」。

6月17日現在発売済のJoy-Conとストラップを組み合わせてみるとこうなった。

めちゃくちゃカラフル。

スプラ2発売時にはプラス2カラーになるから組み合わせパターンがどんどん増えていく。今は本体がブラック一色だけどゆくゆくは限定で奇抜な本体カラーも出て欲しいところ。そうなったら思いっきりめちゃくちゃな配色を考えるのが楽しいな。

しかしとりあえず「ARMS」にはこんな感じで。なかなか合うね。

Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)

「ARMS」をJoy-Conで遊ぼうと思ってたからちびっ子対策も兼ねて、2セットも購入しちまったわ。(そしたらちびっ子達はみんなプロコンとJoy-Conグリップがいいと言ってる・怒)

装着はストラップと同じでレールにJoy-ConをスライドさせればOK。

実は「ARMS」の「いいね持ち」がどうしてもしっくりいかなくて「ウデだめし」ではプロコンに逃げていたが、製品版からは「いいね持ち」で頑張ってる。

ソフトだけは投函されてたから先にJoy-Conだけでプレイしてたが、手の中で全然安定感が無くて「やっぱりプロコン~」、となりかけたが、その後夜にこの拡張バッテリーが届いたので早速使用してみた。

結果、なかなかいい感じにグリップできる。少なくとも手の中でダブつくことはなくなった。

まだまだプロコンの誘惑には勝てない(何と戦ってるんだ?)が、拡張バッテリーのおかげでもうちょっと「いいね持ち」を試そう、という気持ちにはなってる。

ちなみに

本品はJoy-Conを取り付けている間、給電を続けます。電池の消耗をさけるため、使用しないときは電池を取り出してください。

とのこと。ワン蔵は「エネ〇ープ」みたいな充電式の電池を入れて使うことにしてるから消耗は特に問題無し。ちなみにL・Rで単3電池を各2個使用するので計4個の電池が必要。

肝心の重さだけどまだそんなに長時間やってる訳ではないので今の所、重みがキツイということもない。どうしても重たくて嫌だって場合は給電はできないが電池を入れずに使用しても全く問題ないのでグリップ感だけにこだわるなら「電池無し使用」推奨な感じ。

まぁ、でもこれは個人の使用感なので手の大きさによっては全く必要無いって人もいるだろうしワン蔵もそのうちプロコン使用!に戻りそうな気もしてたりするし汗。

Joy-Con充電グリップ

こ、これは今のSWITCHの爆売れ状況からは本体に同梱しといても全く問題無かったってヤツだ。

正直あの充電できない付属のグリップを無くしてこれを入れて+2,000円でも別に本体高い!とか全然思わんかったと思うし、むしろ今後は同梱のグリップはこれに変えた方がいいと思う。

そうなるとあの充電できないグリップはもしかして貴重品?になる可能性も高いから今もARMSで使用中のちびっ子達に使用禁止令でも出すか。

ってな訳で早速「ARMS」で遊んでるけど、Lv.4のグランプリでさえ今の所、優勝できる気がしない。なのでパーティ専になるかも。

まぐれで優勝できてランクマ参戦してもボコされるだけだろ。結構ガチ臭がすげーよ。ARMS。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする